〇〇は絶対NG!ホストファミリーが喜ぶおすすめお土産7選

生き方

これから短期、または長期でホームステイする方!

きっと今、不安と楽しみな気持ちが入り混じっていることでしょう。

赤の他人とはいえ、同じ屋根の下で生活するのであれば、いい関係を築きたいものです。

また、ホストファミリーとの関係によって、語学力の伸び具合も大きく差が出てきますからね。

そこで、効果的なのが“お土産”です!

日本からお土産を持っていくことによって、会話のきっかけになったり、いい関係を築くのに大いに役立ちます!

ただし、選択を間違うと喜んでもらえず悲しい結果に…

これを読んでいるあなたも、きっとどんなお土産を持って行ったらいいか頭を悩ませていることでしょう。

そこで今回は、

  • 実は喜ばれないNGお土産
  • 喜ばれるお土産7選

をご紹介します!

相手の好みを知っておこう!

ホストファミリーが決まって連絡先が分かれば、事前にあいさつのメールなどを送ってコンタクトをとる方が多いと思います。

その際に、日本のどんなものに興味があるのか、また相手の好みを聞いておくといいですね。

私の知り合いの例ですが、事前に好みを聞いたところ、ホストファザーが日本酒が好きということが分かり、“日本酒飲み比べセット”を持って行ったそうです。

すると、すごく喜んでもらえたうえに、一緒にお酒を飲んで、すぐに仲良くなれたそうです!

やはり、好きなものをプレゼントされると嬉しいですよね。

ホストファミリーに対し、滞在費としてのお金は払いますが、近づきたい!仲良くなりたい!という気持ちをお土産で伝えることができるんです。

そこでまずは、ホストファミリーといい関係を築くために避けてほしい、NGお土産をご紹介します!

 

実は喜ばれないNGお土産3選

早速ですが、ホストファミリーがもらっても嬉しくない物を公開します。

この、もらっても嬉しくないリストは、

  • 実際に私が持って行って失敗した
  • ホストファミリーのリアクションが薄かった物

を元に構成しています。

 

人によっては喜んでくれるかも知れませんが、下記の情報を知ったうえでお土産を選ぶことをおすすめします。

  1. お箸
  2. 和柄小物
  3. 100均アイテム

それぞれ、なぜNGお土産なのか、詳しく解説していきたいと思います。

 

1.お箸

お土産の代表ともいえる、お箸です。

なぜだめなの?と疑問に思った方も少なくないはず。

実は私も、お土産として持っていきました。

ですが、実際は全く喜ばれなかったのです!

その理由は、“もうすでに持っているから”

ホストファミリーはビジネスとして、留学生を受け入れている場合は多いです。

と言うことは、すでに何人もの日本人を受け入れている可能性が非常に高いですよね。

やっぱり考えることはみんな同じで、「お土産=お箸」になってしまうんですよね…

ちなみに私のホストファミリーはすでに20組ほどの箸を持っていました。笑

急に恥ずかしくなりましたが、とても優しいホストファミリーだったので、喜ん(だふりをして)でくれました!

 

2.和柄小物

これも真っ先に思い浮かぶものでしょう。

ただしこれもまた、すでにお土産としてもらっていることが多いんです。

日本らしいものをと思うばかりで、なかなかそこまで考えることができませんよね。

そして、これにはもう1つの理由があります。

それは、“自分がすでに持っている小物や、インテリアなどに合わない”と言うことです。

確かに日本を感じられるものかも知れませんが、結局使ってもらえない、なんてこともあります…

悲しいですが、ホストファミリーの家に滞在している間、お土産として持って行った和柄小物を使っているところを1度も見ることはありませんでした…

 

3.100均アイテム

これは本当に要注意です!!!!

笑えない話なんですが、海外にないであろうと勝手に思い込んでいた100円均一。

留学先にたくさんありました!!!!

調べればわかることだったんですけど、思い込みって本当に怖いですね~…

私は、お金を節約したいという思いもあって、100円均一でもお土産としていくつか購入していったんです。

ですが、留学先に同じものが売っていました!!!

しかも、ホストファミリーはよく100円均一(日本以外では100円ではない)を利用しているという話を聞いて、本当に複雑な気持ちになりました…

確かに現地で買うよりは安いんですけどね。

でも、現地で手に入るものなので実際喜ばれません!

 

と言うことで、特に上記3つはよく考えたうえで、お土産として検討してください!

 

では続いて、ホストファミリーに喜ばれるお土産をご紹介していきます!

 

 

喜ばれるお土産7選

1.日本のお菓子

これは定番中の定番ですね。

お菓子と言っても色々ありますが、特に日本でしか手に入らないお菓子が人気のようです。

例えば、

  • 和菓子
  • 駄菓子
  • 抹茶味
  • あずき味
  • 炭入り

などなど

特に海外で人気のお菓子は、

  • キットカット
  • アルフォート
  • ハッピーターン

などがあげられます。

日本でもお馴染みですよね。

“日本のお菓子を通じて日本の文化を知ってもらう”ことが目的です。

口に合わなくても、「なにこれ!変な味!」なんて、逆に盛り上がることもあります!笑

安いので、昔ながらの駄菓子などをまとめてお土産にするのもいいかも知れませんね。

ちなみに、和菓子は日持ちしないものも多いので、注意が必要です。

 

2.漢字入りアイテム

一番わかりやすい日本のアイテムです。

特に、

  • Tシャツ
  • キーホルダー
  • 印鑑

などが人気です。

日本のアニメやキャラクターに興味のある人であれば、漢字×アニメ・キャラクターの組み合わせは最強です。

事前にホストファミリーの名前がわかっているときは、印鑑をオーダーしてプレゼントすることもできますね。

カラフルでお手頃価格の印鑑です。

印鑑を使う文化は珍しいので、“世界に1つしかないマイ印鑑”、きっと気に入ってくれることでしょう。

ただ、人数分揃えるとなると…お財布と要相談です。

 

3.文房具

世界的に見ても日本の文房具はクオリティーが高く、人気があります。

その上、勉強や仕事で文房具を使う機会は多いので、実用的で喜ばれます。

  • ペン
  • 消しゴム
  • 付せん
  • はさみ
  • ノートやメモ帳

特に海外でも人気なのはボールペンの「SARASA」!

まとめ買いなら送料も無料になります。

SARASAは日本でも、学生を中心に人気ですよね。

私も留学中たまたま外国人の友達に貸したことがあったんですが、

「なにこれ!超書きやすい!やばいね!」って興奮してました。笑

水性なので、滑らかな書き心地ですし、カラーバリエーションも豊富です。

 

4.たこ焼き器

一緒に作って盛り上がれるのがたこ焼きのいいところ。

いわゆる「たこパ」ってやつです。

同じものを作って食べれば会話も弾んで仲良くなれます!

わさびをたっぷり入れてロシアンルーレットをやっても面白いですね。笑

電気で焼くたこ焼き器もありますが、

  • コンセントが合わない
  • 国によって変圧器が必要
  • 重くてかさばる

など、デメリットしかないのでおすすめしません。

 

 

5.お弁当箱

日本のお弁当箱の文化は、世界中で認識されつつあります。

ですが、日本国外を出ると、可愛いデザインのお弁当箱はなかなか手に入りません。

日本では、さまざまなお弁当箱がお手頃な価格で売られていますよね。

  • キャラクター
  • 和柄
  • わっぱ
  • 漆(うるし)
  • 多機能
  • シンプルで丈夫

特に日本らしい柄や素材のものが人気です。

日本の伝統技法が詰まったわっぱのお弁当箱は

 

ポケモン好きにはこれ!ウケること間違いないし!

 
実際、私もこんな経験をしました。
私の留学中にできた友人が東京に遊びに来た時のこと。
当時都内でやっていた某アニメの展示会誘ってみたことろ、「あ、わい興味ないねん。」と、バッサリ断られました(笑)
確かに日本のアニメや漫画の文化は世界でも人気がありますが、好みは千差万別。それは日本人でも同じですもんね。
そんなことも考えずに誘った私の考えが浅はかでした…
 

6.日本のお酒

冒頭にも書きましたが、日本のお酒もまた海外でよく知られています。

日本と言えば日本酒と思う人も多いと思いますが、日本酒に限らず日本で作られたお酒は質が高くおいしいと人気なんです!

特に、

  • 日本酒
  • ビール
  • ウイスキー
  • 梅酒

この4つに関しては海外でも人気ですね。

もし、ホストファミリーがお酒好きとわかれば、日本の“SAKE”をお土産として持ってくことをオススメします!

酒どころ福島県の日本酒飲み比べ6本セットです。

味はもちろんのこと、300ml×6本なので、重くなり過ぎないのでおすすめです。

 

女性にはフルーティーな“プラムサケ”も人気ですよ!

量は少なめですが味は酒蔵仕込みの本格派です。

デザインも日本らしさが垣間見えてかわいらしいですよね。

いずれもお酒好きな方には特におすすめのお土産です。

 

7.食品サンプル

あまり知られてはないないけど、

「ナニコレー!スゴイー!」

と、いいリアクションを見せてくれます。

下記は、私の知り合いの場合の話です。

ホストファミリーに年頃の女の子がいると事前の情報で把握していたので、食品サンプルのピアスをお土産として持って行ったそうです。

持って行ったのは、パンの食品サンプルのピアスだったそうですが、目をキラキラさせて喜んでくれたと言っていました。

身に着けるものはちょっとハードルが高いですが、ネタとして持っていくには、かなり興味を持ってもらえるお土産です。

 

まとめ

今回は私の経験を大いに含めて書かせていただきました!

やっぱりホームステイはそんなに何度も経験できるものでは無いし、せっかくならホストファミリーと一生の付き合いができるくらい仲良くなりたいですよね!

お土産がなくても仲良くなることはもちろん可能ですが、相手の家に住まわせてもらうんですから、“気持ち”として持っていきたいものです。

ホストファミリーとの生活を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました