【海外】あなたはどっち?レンタルWi-FiとSIMのお得な選び方

おでかけ

海外旅行を計画するとき、

  • Wi-Fiをレンタルする
  • SIMを買う

どちらにしようか迷う方は多いと思います。

結局どっちがお得なの?

と、決められずにいる方もいるかもしれません。

 

ですが、『絶対にこっちがいいです!』とは言えません。

なぜなら、状況によって使い分ける方がお得だからです。

レンタルWi-FiとSIMのそれぞれの特徴を知って、あなたの旅のスタイルに合う方を選んでください。

 

レンタルWi-FiとSIMの特徴

数年前まではレンタルWi-Fiが主流でしたが、近年ではSIMの認知度も上がりました。

だからこそ、どちらにすればいいか悩んでしまいますよね。

まず、あなたの旅のスタイルに合うか・合わないかを考えるために、それぞれの特徴をメリットとデメリットに分けて見てみましょう。

 

レンタルWi-Fiの特徴

まずは、王道のレンタルWi-Fi。

知名度・利用者ともに多いですが、不満の声があがる部分もあります。

私の経験も踏まえてその特徴をあげてみました。

 

【レンタルWi-Fiを利用する際のメリット】

  • 日本語サポートがある安心感

外国語に苦手意識のある方にとって日本語でレンタル予約ができることは、かなりのメリットでしょう。

さらに事前にネット予約ができるので、簡単で安心できます。

 

  • 面倒な設定がいらない

目的地に着いたらWi-Fi電源を入れて、接続の設定をするだけ。

今の時代、スマホをWi-Fiにつなげたことがない人は少数だと思うし、接続方法がわからない人のために説明書もついています。

 

  • 複数の端末で使用することが出来る

スマホ1台だけでなく、パソコンやタブレット、ゲーム機など複数台で同時に利用することが出来ます。

家族と友達と共有することで、実質SIMよりも安くなる場合もあります。

 

【レンタルWi-Fiを利用する際のデメリット】

  • 受取・返却が面倒

一部、自宅への宅配サービスを行っているところもあるようですが、空港での受取・返却が基本。
人によっては窓口カウンターへ出向くのが面倒と感じる人もいるはず。

 

  • かさばる

Wi-Fi機器(モバイルルーター)は常に持歩くことになります。

機器自体ははコンパクトで重くはないですが、付属品も持ち歩くとなると割と重くてかさばります。

付属品は、Wi-Fi機器用の充電器や簡単な説明書などがあります。

 

  • 外出中に充電が切れる

海外旅行では、お店を検索したり、翻訳アプリを使ったり、地図で道案内をしたり、Wi-Fiを使っている時間が長いですよね。

その結果、Wi-Fi機器の充電が、1日持たないこともあります。

なので、別途モバイルバッテリーがあると安心です。

 

  • 使えるのはデータ通信のみ

Wi-Fiの役目はデータ通信のみなので、電話やSMSを送りたいときはお使いのスマホのキャリア料金が別途発生します。

 

 

SIMのメリット・デメリット

近年、レンタルWi-Fiに迫る勢いで、海外旅行のお供として主流になってきたSIM。

日本国内はもちろん、どこに行っても格安で手に入り、一度使えばその便利さが分かります。

そんなSIMのメリット・デメリットも具他的に挙げてみましょう。

 

【SIMを利用する際のメリット】

  • 手軽に使える

事前にネット購入でき、自宅に届くのでとっても手軽。
さらに現地の空港やコンビニでも簡単に手に入れることが出来ます。

 

  • 値段が安い

データ通信料や国際電話、国によって料金が変わりますが、ほとんどの場合レンタルWi-Fiよりも安く済みます。

 

  • 軽くてかさばらない

薄くて軽いSIMが1つ増えるだけなので、荷物になりません。

 

  • 国際電話やSMSも使える

購入するSIMの種類にもよりますが、データ通信だけでなく電話やSMSを利用することが出来ます。

私用であれば、ライン通話(データ通信で通話可能)などでも良いですが、仕事で取引先に電話で連絡するようなことが必要な場合は便利です。

 

  • 繰り返し使える

これもSIMの種類によって異なますが、データが残ってしまっても、有効期限内であれば繰り返し使用できる場合があります。

有効期間の長さも発行会社によって違うので、確認してみてくだい。

 

  • 世界中で使えるSIMがある

世界中を旅する場合、その都度Wi-Fi機器をレンタルしたり、SIMを買いなおすのは面倒ですよね。

知っている方もいると思いますが、世界中で使えるSIMも存在します。

 

こちらのSIMは、世界90カ国以上で繰り返し使用できるプリペイドSIMです。

専用アプリ(IOS/Android対応)から、必要事項(国・日数・データプラン)を入力し、入金することによって使えるようになります。

これ1つあれば、たいていの国ではネットに困ることはありません。

 

【海外SIMを利用する際のデメリット】

  • SIMフリースマホが必須

SIMを使うにはSIMフリーのスマホが必須です。

キャリアスマホを持っている人は、SIMロックを解除するか、SIMフリースマホを別途用意する必要があります。

 

  • 設定がやや難しい

設定不要で差し替えればすぐ使用できるSIMもありますが、ものによってはアクティベート(使える状態にする設定)を行わなくてはいけません。

空港などで購入した場合は、店員さんがやってくれることも多いですが、事前にネット購入する場合は自分で設定する必要があります。

基本的に説明書は付いていますが、不安な方は現地で購入し店員さんに設定してもらうことをおすすめします。

 

  • 複数端末で同時に利用できない

レンタルWi-Fiのように、複数の端末で同時に利用することが出来ません。

もし他の端末で利用したのであれば、SIMを入れ替える必要があります。

 

 

どっちが合ってる?お得な選び方

レンタルWi-FiとSIMそれぞれの特徴を知ったうえで、旅のスタイルに合った方を選ぶのがお得です。

簡単なチェックリストを作りましたので、選び方がわからない方はぜひやってみてください。

当てはまる項目の多い方を選ぶのがおすすめです。

 

【レンタルWi-Fのチェックリスト】

  • SIMフリースマホを持っていない
  • 短期滞在
  • 面倒な設定や外国語が苦手な方
  • スマホだけじゃなく、パソコンやタブレット、ゲーム機など複数の機器を同時に使いたい
  • 家族や友人とWi-Fiを共有して使いたい

 

【SIMのチェックリスト】

  • SIMフリースマホを持っている
  • 長期滞在
  • 一人旅や出張
  • 国際電話やSMSも利用したい方
  • 利用するための設定や外国語に抵抗のない方

 

 

ちなみに私はSIM派です。

以前香港へ行ったときも、現地の空港内でSIMを購入しました。

  • 4G LTE
  • 7日間有効
  • データ通信のみ
  • 88HKD(約1,300円)

私の場合はひとり旅~少人数での旅が多いので、レンタルWi-Fiよりも安いSIMをよく使ってます。

 

海外のフリーWi-Fi事情

近年、主要の国ではあらゆるところでフリーWi-Fiが使えるようになってきています。

特に人が多く集まる場所、

  • 空港
  • 観光地
  • ショッピングモール
  • バーやレストラン

などはほとんどフリーWi-Fiが使えます。

 

ですが、フリーWi-Fiだけでは不安なのが正直なところ。

と言うのも、多くのフリーWi-Fiは利用する際に制限や条件があるからなんです。

  • 時間制限がある
  • データ容量の制限がある
  • メールアドレスなどの登録が必要

セキュリティ保護されていない場合、個人情報が盗まれる可能性もあります。

初めて行く国だと、言葉や行きたい場所が分からなくて不安になるものです。

そんなときネットが使えればあれば、知りたいことをすぐ調べることが出来るので安心です。

安心安全に旅を楽しみたいのなら、レンタルWi-FiかSIMは必須と言えます。

 

 

レンタルWi-FiならグローバルWi-Fiがおすすめ

海外用レンタルWi-Fiを貸し出している会社はたくさんありますが、その中でも“グローバルWi-Fi”が特におすすめです。

 

その理由は、

  • 最安値である
  • 世界200ヶ国以上で使える
  • 定額制である
  • WiFiの紛失・破損の補償パックがある
  • 24時間365日の万全サポートがある

 

みつり
みつり

レンタルWi-Fiの中でも料金が安く、対応している国が多いことがおすすめポイントです。

 

海外用レンタルWi-Fiを貸し出している会社としては大手なので、サポートなどにも安心感があります。

今なら1,000円割引サービス中です。

 

↓詳しくはコチラから

 

まとめ

今回は、レンタルWi-FiとSIMそれぞれの特徴と選び方を私の経験を踏まえて解説しました。

レンタルWi-FiもSIM、どちらもいい面はあるので、状況によって使い分けるのがお得な選び方と言えます。

ネットが使える環境を整えて、楽しく安全な旅をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました